競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋華賞追い切り。

<<   作成日時 : 2009/10/16 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

ついに栗東Pコースの映像が登場。


レッドディザイア<90>
助手(坂路) 50.2−36.2−24.4−12.6 末強め
1週前にコースで追って直前はいつものように坂路追い。500万スマートソロモンを目標に追走し残り100mで並ぶとそのまま交わして先着。かなり追走したものと思われ、並びかける前から手を動かして何とか交わしたという感じだし、最後は余力も無かったが、時計が出やすい馬場とは言え50秒台をマークしてのものだけに終いキツくなるのは仕方ない。余裕は無くても脚色が鈍ったとも言えず、先週ほどの好印象ではないが、最後までシッカリ駆けていたことを評価したい。春先も稽古で動く馬ではあったが、ひと夏越してパワーアップは明らか。成長度ではライバルを凌ぐ。ライバルよりも前めで競馬できる点でもアドバンテージがあるが、逆に乗り方が難しい印象も。1頭の馬に●●と来て最後に逆転したケースってあんまり記憶になく(アドマイヤグルーヴは4戦目だからね)、むしろ策に溺れたり色気を持ちすぎたりでここで大崩れってケースも多い。

ブエナビスタ<88>
助手(CW) 82.8−66.8−52.0−38.3−11.9 末強め
先週はこの馬にしては珍しく道中からやる気を漲らせていたが、今週は単走だったためかいくらか落ち着いていた。それでも春当時に比べると馬に前向きさが出ており、これが良いことなのかどうかは何とも言えない。仕掛けての反応良く動きも素軽いが、体の成長とか力強さという面では成長の跡は窺えず。春当時の状態にはあると思うので、あとは成長してきたライバルとの力差がどの程度埋まったのか抜かれたのか。どうせ後方待機から大外マクリなので、やることがハッキリ決まっているぶんレースはしやすいと思う。あとは4角でどのぐらい前を射程圏に捉えられるか。内枠でも引いてくれると面白さ倍増なんだけどなぁ。

パールシャドウ<86>
助手(P) 65.6−51.4−38.1−12.5 馬なり
2歳未勝利ユウガナルを追走し内に併せる。先週もちょっとそんなところはあったが、今週も何度か口向きが安定しないところは見せていた。ただ動きに力強さがあって馬体もなかなか見栄えがする。1頭になると気の悪さを見せそうだし、過去に馬群で不利を被った経験があるので揉まれると走る気を失くしそうなのが怖いが、真面目に集中して走れば意外とバカにできないのではないか。この場合、走ってみなければわからないので、馬券を買う買わないは決め撃ちが必要ですが。

ブロードストリート<86>
鮫島(坂路) 54.0−39.6−26.0−12.4 末強め
残り1Fまではガッチリ抑え、終いだけ伸ばされる。上がり重点だし馬場の違いもあるが、追われてモタモタしていたために評価を下げて痛い目に遭った前走時と違い、今回は仕掛けるとスッと重心が下がってギアチェンジし、ゴール前はなかなか迫力ある動きを見せていた。今でも前走時は仕上がり途上だったと思っているので、叩いた効果はありそうだが、逆にその状態で走ってしまったことに反動への懸念も。内々で我慢し脚を溜め直線で馬群を割って来れるという意味では、秋華賞に最も合うタイプだが、なんか「1800mベストのトライアルホース」って印象も拭えない。牝馬版カンパニーって感じ。

クーデグレイス<86>
川田(坂路) 53.5−39.1−25.3−12.4 末仕掛け 
2歳未勝利スイートエスケープと併せ馬。お互い抑えるのに苦労するほどの前向きさを見せつつ、残り100mあたりから仕掛け始めると、余力が無くてギアが上がらない相手を尻目に、エンジン点火しスッと突き離す。重心の安定感は無かったが掻き込みの鋭いフットワークでそれなりに力強さは感じられる。使い込まれているが馬は元気一杯。

ダイアナバローズ<86>
助手(坂路) 52.1−37.8−24.4−11.9 末一杯
先週シッカリ追われていたので今週は軽めかと思ったら、単走で上がり重点ながら終い1Fはビシッと追われた。整備直後でむしろチップが深そうな馬場状態の中、力強いフットワークで最後まで脚色衰えず。馬にも程よい活気があって仕上がりは上々と見る。あとは輸送への対応だけ。落ち着いたパドックなら力は出せる。渋太い脚は混戦になれば威力を発揮しそうだが、京都の軽い芝では決め手に欠けるかも。

ハシッテホシーノ<85>
助手(P) 66.6−51.6−37.3−12.3 末仕掛け
1600万ワールドコンパスを追走し4角で内へ。道中もかかるほどではないが自分から行く気を見せ、直線は多少ハミに頼ったような走りながらキビキビした動きを見せていた。ゴール前で軽く仕掛けての同入は手応えで見劣ったが気にならない程度。輸送で体が減らないことが条件となるが、春より成長している印象は受ける。成長分を見込んでも掲示板ぐらいって気がするが。

モルガナイト<85>
秋山(坂路) 54.4−39.0−24.9−11.9 馬なり
札幌で復帰し阪神で2走。しかも10kg減の後だけに上積み疑問だし、稽古があまりできない点も不安だが、馬体回復のためにもっと軽めかと思ったら、極端に抑えることはせず終い100mはスピードを乗せてサッと伸ばしてきた。馬には活気があって調整に苦労しているようにも見えないし、上がり重点とは言えラストの動きにはキレがあった。思ったよりちゃんとしている印象。もうバレバレなんで言っておきますが、あくまで”心の◎”ですからね。オークス上位4頭の次あたりまで人気になりそうだし、むしろ噛ませ犬っぽくて期待度はちょっと薄れ気味。

ジェルミナル<85>
福永(坂路) 52.2−38.1−25.0−12.4 末一杯
馬場が走りやすくなっていることもあると思うが、前脚を伸ばして走る馬で坂路は苦手なタイプのわりに、今回は最後まで重心が浮くこともなく力強い動き。前走があまりにも走らなさすぎなので半信半疑だが、見直せる雰囲気は漂わせる。直線が平坦になるのはよいが、内回りだけにノビノビ走れるかにも疑問。けど、小回り急坂のマイル戦という過去走った舞台で最も向かない印象のフェアリーSで重賞勝ちしているだけに、この馬の見立ては全然間違ってるのかもしれないなぁ。

ホクトグレイン<85>
田中博(坂路) 52.9−37.5−24.3−12.3 馬なり
秋すでに2戦しているので軽めに留めるのは当然であり時計は参考外。疲れは全く見せず弾むような走りで、馬体減りも見られない。上積みはどうかも連勝の勢いは感じさせるものがあり、この馬なりに順調と言える。先行できる魅力はあるが、終い踏ん張りきれるほど末がシッカリしているかは?

ミクロコスモス<85>
武豊(CW) 66.2−51.5−37.6−11.9 馬なり
内にOPトールポピー、外に新馬ヴィクトワールピサの間に入って3頭併せ。道中で真ん中に入っている間は頭の高さが目立っていつものように行きたがる素振りを見せていたが、外のヴィクトワールピサが脱落して2頭併せになると落ち着きを取り戻し、マズマズ集中した走りができていた。ゴールで少し遅れたのは相手が仕掛けたからであって問題なし。力強さや伸びやかさは物足りないが、この馬なりの動きはできており、状態としては悪くない。あとは不器用なレースぶりの対処次第。

ワイドサファイア<85>
岩田(坂路) 51.8−37.7−25.0−12.9 末一杯
キビキビしたフットワークで序盤から軽快に飛ばし、終いは一杯に追われながらも何とか我慢した。ゴール前は余力もなく印象としてはちょっと物足りないが、この時計なら十分。状態は良い意味で平行線にある。前走は前が詰まって不完全燃焼だが、この1年とにかく運の無さが目立つ馬なので、あんまり手を出したくないなぁ。今度こそ今度こそと言ってるうちにベッラレイア化したりして。

ラインドリーム<85>
助手(坂路) 57.2−41.6−27.2−13.7 抑え
先週ビシッとやったようで、やりすぎないようにガッチリ手綱を抑えていたので時計は参考外。クビでリズムをとってキビキビした動きを見せており、特に疲れている様子は窺えない。現状維持に努めるといったところだろうが、気配は悪くない。スパッとキレる脚は魅力だが、なにしろ紫苑S2着馬だから。

イイデエース<84>
助手(CW) 83.4−67.4−52.6−38.6−12.2 末一杯
500万ギガブレイクの外に併せる。頭の位置が低くて前向きに集中した走りは好感が持てたのだが、残り1Fまでジックリ抑えて追い出されたわりに、追ってからの伸びが無く逆に内から抜け出されて遅れてしまった。走りっぷりそのものは前述の通り悪くないし、おそらく追走遅れだと思うので気にしなくて良いのかもしれないが、ここで大物喰いという迫力には欠ける。体もここへ入るとちょっと華奢な印象。

ヴィーヴァヴォドカ<84>
村田(坂路) 57.6−41.2−26.5−12.4 馬なり
頭を上げてひっくり返りそうな走りだったが、抑えていたからで問題ない。終い手綱を緩めるとキビキビした動きにサッとギアチェンジ。キレのあるフットワークはいつもながらで、変わり身は乏しいものの近走程度のデキにはある。みんながブエナビスタを意識して仕掛けが遅れるようなら夢も膨らむが、そこまで極端な競馬にはならんだろ。

デリキットピース<84>
柴田善(坂路) 52.5−39.3−26.4−13.3 抑え
OPエフティマイアを追走し内へ。先週ガンガン行ってしまった後だけに、直前の今回はとにかくテンションを上げないように気をつけたって感じで、並びかけないように意図的に馬体を離し、ガッチリ抑えてわざと遅れるような内容。その甲斐あってか極端にテンションが上がることもなく、活気がある動きと言える程度に収まっていた。ただ逆に言えばこれだけ細心の注意を払わないと暴走する危険があるってこと?

ワンカラット<83>
助手(CW) 82.2−66.8−52.6−38.6−12.3 末仕掛け
単走で終い少しだけ促された程度なので時計はこんなもんだろう。頭の高さは目立つが重心が低くてフットワークの力強さも目につく。ただちょっと動きの伸びやかさに欠け、力強さを感じるわりに推進力が伝わってこない。馬体面などは春からの成長も窺えるが、能力的に伸びたという印象に乏しく、春の実績を逆転するのは厳しそう。買いません。

アイアムカミノマゴ<83>
小牧(P) 81.9−64.8−50.7−37.8−12.6 末一杯
OPリトルアマポーラの内に併せる。先行して直線入り口で外から相手が並んでくる形だったが、残り1Fでの追い比べで徐々に引き離されていった。まぁ相手が相手なので遅れは仕方ないが、追われてからの伸びに物足りなさがあったのも確か。体に張りはあるが体型的に寸詰まりで、フットワークにも伸びやかさが欠けるだけに2000mは長いと思う。馬の前向きさもちょっと足りない感じ。消し。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
結局、心の◎はどうしたのかな?
私は・・・なにしろ紫苑S2着の◎ラインドリームから!このウマこそ小回りで一瞬のキレを活かせるタイプでは!?&ブエナ斬り〜で、ドーンとこじんまりと勝負!(ノД`)・゚゚・。
うっかりかさご
2009/10/16 15:27
ホントに内枠引いちゃいましたね(笑

枠順決まって、急にホクトが気になりだしました。いい枠引いたし、番手で先行してレースを盛り上げてくれないかな?
ながせ
2009/10/16 18:26
>うっかりかさごさん
あ、前レスへの回答もほったらかしですが、一応文中に心の◎は暴露してありますよ。でも臨戦過程をチェックしてなかったのと、思ったより人気しそうなので悩み中です。ラインドリームは紫苑S2着馬で狙いづらいですが、個人的には結構面白いと思います。

>ながせさん
ブエナが内枠を引いてくれたのは歓迎ですが、上記のとおりモルガナイトが人気してしまうのは想定外でした。私も3連単BOX買うつもりですが、これだとモルガナイトに勝ってもらわないと話にならん。
ホクトも含め、カギを握るのは内枠の先行好位勢だと思いますよ!
hiro
2009/10/16 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋華賞追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる