競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士S追い切り。

<<   作成日時 : 2009/10/22 23:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

今年の富士Sはずいぶん3歳馬が大挙出走しますなぁ。


ティアップゴールド<86>
助手(CW) 82.6−67.0−52.9−39.0−12.3 馬なり
馬なりでサラッと流した程度だが、外ラチ沿いを気分良さそうに軽快な動き。春の追い切り診断を振り返ると稽古駆けタイプのようなので、今回の動きで一概に好調とは言えないが、逆に言えば春ぐらい動いているのだからソコソコの仕上がりにはあるのだろう。あとは気持ち体に余裕があるように映ったので、このひと追いと輸送で締まってくれば。成長期なので数字は増えるかもしれないが、デビューから春終了までほとんど変わらない体重で走っていただけに、春時点で馬体は完成していた可能性もある。

ストロングガルーダ<86>
調教師(坂路) エラー−36.2−23.8−11.9 馬なり
1000万オウロブレットの外に併せる。直線半ばからビッシリ追われる相手を持ったまま涼しい顔で交わして先着。集中力があって素軽い走りは仕上がりの良さを窺わせる。

レッドスパーダ<86>
横山典(坂路) 51.5−37.6−24.5−12.2 馬なり
1600万レッドシューターの内に併せる。追走して直線入り口で軽く仕掛けて並びかけると、直線半ばからはむしろ相手に合わせるように流してゴール。前向きさや集中力は十分で、追えば11秒台は出ていただろう。レッドシューターの動きも良く見えただけに、それを上回る手応えや素軽さを見せての同入は評価してよい。休み明けでも程よく仕上がった感があり、あとは実戦勘だけ。

マイネルファルケ<86>
助手(W) 68.2−52.9−38.3−12.9 末強め
この馬らしく重心が低くて推進力溢れる走り。最後はちょっと余力がなくなったが、動きに柔らかさもあって活気も感じさせる。終いもうひと踏ん張りしてくれていればもっと高い評価ができたが、まぁこの馬なりに好調キープといったところ。中山>府中なのでコース替わりがどうかだが、府中が全くダメというわけでもないし、春先に今後のマイル路線で注目の1頭としただけに、使ったアドバンテージ込みで今回も期待します。もちろん2,3着で。

エイシンドーバー<85>
荻野琢(坂路) 53.2−37.9−24.5−12.2 末一杯
500万ギンザナイトと併せる。残り1Fで並んでから追い比べとなりゴールではわずかに先着したが、追いかけたこともあって手応えは見劣った。重心が低くて活気ある動きができており、休み明けでも重苦しさは無いが、追ってからの鋭さとか力強さに完調手前の印象は残る。それなりに力を出せるデキだと思うので扱いが難しいが、昨年後半の不振と府中マイルということを考えると、様子見が賢明かも。どうせソコソコ人気になるんだろうし。思ったより人気薄ならヒモぐらいの扱いで。

ケイアイライジン<85>
助手(坂路) 51.2−37.3−25.0−12.7 末仕掛け
ゴール前で肩ムチを何発か入れられていたが、実質馬任せ。時計・動きともそう目立つものではなかったが、順調そうなのは伝わってくる。休み明けの前走で最速上がりをマークし後方から4着まで差し込んだことで、古馬相手でもこの距離なら通用するところは見せており、府中コースで改めて期待したい。

サンカルロ<85>
吉田豊(坂路) 56.9−37.6−24.5−12.3 抑え
1000万メジロアルタイスを追走し外へ。引っ張りきりだったこともあるが春と変わらず口向きの悪そうなところは見せる。時計も参考外だが上がり重点らしくゴール前のフットワークにはキレがあった。精神的な成長があまり見られない印象はあるが、そういった気性なので休み明けでも走れるかも。

サイレントプライド<85>
後藤(P) 65.5−51.4−37.9−12.6 馬なり
500万タカラサンデーを追走し内へ。内と言ってもタカラサンデー自体が大外を回ったので、この馬も馬場のかなり外めを通ってきた。もともと稽古時計は出るタイプだしPコースと言うこともあって素軽さも目につく。昨年のこのレースを勝って以降は精彩を欠いていたが、前走で58kgを背負って掲示板確保。流れが向けばまだ見限れない。

アブソリュート<85>
助手(P) 68.0−51.9−38.2−12.2 馬なり
2歳500万アーバンウィナーの外に併せる。先行同入だが終始相手に合わせる感じ。やや動きに伸びやかさが欠けるが、スピードに乗ると徐々に頭の位置が下がって前向きさは見せている。Pコースであり見た目の素軽さをそのまま評価するわけにはいかないが、休み明けにしてはマズマズ。中間の調整がちょっと緩い気もするが...

リザーブカード<84>
助手(P) 67.6−52.6−38.2−12.8 末仕掛け
500万スマートキャスターと500万トーセンコックスを追走し最内へ。直線入り口で3頭並ぶと、内から闘志を見せて前に出ようとし、スッと抜け出しかける。そこは引っ張りきりで宥めていたので並走を維持したが、外の2頭が追いついてきたゴール板あたりから仕掛けると再びスッと抜け出した。動きは悪くないが本調子にはもう一歩と言った印象で、イキのいい3歳馬に胸を貸すと言えるほどの信頼感は無いかな。

ザレマ<84>
助手(坂路) 52.2−38.1−25.2−13.0 末強め
ゴール前では伸びあがるように上体が起き上がって伸びを欠いたが、これはいつものことで問題ない。前で単走追いしていた馬を目標にするように前向きな走りができており、馬は元気一杯。稽古の評価としてはこんなもんだが、状態の変動の小さい馬で平行線ぐらいのデキにはある。あとは府中コースの克服。

マイケルバローズ<84>
助手(CW) 87.7−70.0−53.3−38.0−12.2 末一杯
坂路では全く動かない馬で、前走も何の躊躇もなく消したら大激走。今回は珍しくコース追いのため比較はつかないが、明らかに上がり重点と思える時計なのに正直言ってゴール前の動きは鋭いとは言えない。ただモタモタした動きながらも重心が低くて頭を前に突き出し最後まで踏ん張っていたあたりに、前走でキッカケを掴んだと言えなくもないかなぁ。もともと稽古と実戦はあまり結び付かないタイプだし、一昨年2着で昨年も7着とは言え差は僅かの相性が良いレース。太めさえ残っていなければ警戒も必要か。

マルカシェンク<84>
助手(坂路) エラー−37.8−25.3−13.1 馬なり
OPヤマニンキングリーと併せる。前走から付けているブリンカーを付けての追い切りだったが、それでもまだ集中力に欠けるような走り。余力はありそうながら自分から行こうとする面が見られず、何となく走って来た感じ。能力的に衰えたとは思えないのだが、ここ一連の競馬ぶりや今回の稽古を見ていると、何か走るのに飽きてきたような印象すら受ける。真面目に走れば怖い1頭だが、どうも信用置けないなぁ。

ライブコンサート<84>
助手(坂路) 53.7−39.2−26.0−13.3 一杯
2歳500万ファイティングピサを追走し外ラチ沿いをビシッと追われる。時計は目立たないし、相手の鞍上が何度も振り返っていたように追いつくことすらできずベタ遅れで印象としてはモタモタした感が強いが、勝っている時も稽古はこんな感じ。動き自体に活気はあったし前向きさもある。いつも以上とは言えないが、いつも程度のデキにはあるのでは?

トーセンクラウン<84>
助手(P) 66.1−50.8−37.0−12.5 馬なり
残り1Fまでガッチリ抑えていたこともあるが、キビキビして軽快な行きっぷりは目立つ。脚が細いからか力強さは感じられないものの、休み明けでも太め感なくスッキリ仕上がっている。けど一連の成績や馬体面、変わり身などを考えると、重賞では力不足なのでは?最近は府中で結果が出ていないし、確か吉田隼あたりが「府中だと乗りにくい」とか言ってた気が。

マイネルスケルツィ<84>
助手(P) 66.4−51.2−37.9−12.6 馬なり
大型馬にしては重心が高くて動きも硬く、力強さを感じない。いつものことなので変わりないと言ってしまえばそれまでだが、今回は直線で何度も手前を替えたり、ちょっと前向きすぎる面を見せたりで、あまり上積みを感じない。もともとあまり使い込んで良いタイプでもないし。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すいません、いつも読ませて貰ってます。
すいません、ちょっと関係ないんですけど、レッドシューターが多分5頭枠に入っちゃって神無月Sに出ちゃうんですけど、レッドシューターの追い切りから見てダートは走れますでしょうか?
すいません、後、ツルツルジャパンの追い切り映像はありましたでしょうか?
なんかすいません
すいません
2009/10/23 01:05
あ、私も今、神無月Sの参考VTR見ていて「あれ?このレースってダートじゃなかったっけ?」と思ってたところです。
ドタドタ重苦しい走りの馬ですが、”重い芝”は歓迎でもダートは何とも言えないところですね。パワーがあることは間違いないし、能力は断然でしょうから。ただ鞍上を見ると勝負気配は薄いような...
あと、ツルツルジャパンの追い切りはありませんでした。休養中にタマ取られちゃったんですね(笑)ツルツル君の場合、追い切り云々よりも気性の問題が大きいので、今回はレースぶりを見るだけに留めたほうが良さそうに思います。
hiro
2009/10/23 01:19
すいません、ありがとうございます。
すいません
2009/10/23 12:07
ケイアイライジンに勝機が・・・と、思ったらヨストミ大先生じゃないの!怒・・・ヤメヤメ (。。;)ノ
それならカッチーが離さないアブソリュートに◎(軸)
うっかりかさご
2009/10/23 21:11
うっかりかさごさん

いいね〜、男だね〜、その決断力。
わしは勝浦からでどうじゃ!
はずれっち
2009/10/24 08:19
スケルツィ、狙うつもりでしたが...ここまで人気無いなら面白いかな?
ながせ
2009/10/24 11:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる