競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS JC追い切り。

<<   作成日時 : 2009/11/27 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

今年は公開調教の放送が無かったんですね。まぁどうせ外国馬なんてわからんのやけど。


リーチザクラウン<90>
武豊(P) 78.2-64.3−51.0−37.8−11.2 馬なり
500万レッドサーパスを追走し外へ。春シーズンに見せていた折り合いの難しさは皆無で、実にスムーズにユッタリ追走し、直線に入っても意図的にすぐに追いつかずジワッと加速。残り1Fで持ったまま並びかけると、最後まで長手綱でもスーッと引き離して先着。特に今回は頭の位置が低く、重心が前がかりになっているところに好感が持てる。父に似た体型や同じ服飾なので、どうしても3歳時の挑戦では苦しがって内へモタレた父の姿を思い出してしまうが、息子は意外と完成の域に達してきたのかもしれない。時計はPコースなので参考外だが、精神面も含めてこの秋では一番良い状態だと思う。問題は輸送して体が減らないか。忘れてたけどこれが課題だったよね。前走の体重を維持できれば良いのだが。

ウオッカ<88>
ルメール(CW) 66.1−51.1−37.4−11.6 馬なり
ポップロックとインセンティブガイを追走し、4角て追いついて直線は最内へ。外の2頭も立派なOP馬なのだが、「アンタらとは格が違うのよ!」と言わんばかりに、持ったまま内からスイスイと抜け出して大差先着。舌をブルンブルン振り回していたが、この女王様には割とよくあることで心配ないし、ルメールと相性が良いのかそんなにリキんで走っているようにも見えなかった。稽古の動きからは大きなデキ落ちはなく、むしろ天皇賞までの好調ぶりを持続しているように見える。ただこの馬は稽古で良く見えたときほど落とし穴にハマるからなぁ。実際この秋2戦も稽古は凄く良く見えたのにパドックでは迫力を欠き、レースでも結果が出ず。さっき過去2年のJCを見たけど、やっぱり最後止まってるからねぇ。ルメールマジックを考えなければ自信の消しなんだが、「GT7勝してはいけない」法律はヴァーミリアンが破っちゃったしなぁ。

スクリーンヒーロー<87>
水出(坂路) 53.3−38.4−24.8−12.3 抑え
未勝利ミエノグレースの内に併せる。仕掛ける相手に対して引っ張り切りで同入。セーブした内容なので時計は地味だが、この馬らしい頭を下げてグッと前向きなところを見せて集中力抜群の動き。フットワークも良い時の掻き込み鋭いもので、絶好調だった昨秋の95%程度には復調している。昨秋みたいな状態は一生に一度だと思うので、このぐらい仕上がっていれば状態面で何ら問題なし。史上初となる連覇の可能性が全く無しとは言えない。ま、レースで外すブリンカーの影響がどうかがちょっと気になるが。

レッドディザイア<86>
助手(坂路) 52.2−37.6−24.9−12.8 末強め
1週前追い切りは絶賛したが、確かにブックの誌上パドックを見ると前走に比べて馬体の迫力に欠ける気はする(あんまり誌上パドックって信用しないけど)。先週より軽い内容に留めるのは納得だが、そういった目で見たからか、ちょっと重心が高くて力強さに欠ける動きだったような気もする。ただ最後まで馬に前向きさはあったし、脚も良く前に出ていた。なにより馬体に心配があるのなら終い仕掛けたりしないはず。陣営も仕上がりには満足しているようだし、当日ガタッと体重が減ったり覇気が無かったりしなければ、あんまり気にすることは無いと思う。追い切り後に2kgしか戻してないのがメッチャ不安。
→いまGC見てたら、秋華賞後に脚をケガしたらしい。それにしちゃ陣営の雰囲気が明るいんだよなぁ。今月初めから時計を出しているし先週ビシッとやれてるからそんなに影響無いと思うが。

ジャストアズウェル(米)<86>
攻馬手(東京芝) 60.8−47.5−35.2−11.9 末強め
坂を上がって終い1Fだけ強めに追われる。追われると頭が下がって重心が前がかりになり、脚を一杯に伸ばしてキレのある走り。何度も手前を替えていたのは気になるが、前走を見て決め手に物足りなさを感じていた印象を払拭するような動きだった。日本の馬場に合っていそう。

マーシュサイド(米)<86>
攻馬手(東京芝) 78.5−62.1−48.2−35.3−12.5 末仕掛け
どっかで聞いた名前だと思ったら、昨年来日して取り消した馬だってね。白井で時計を出さなかったため、外国馬で唯一この日に追い切りらしい内容を消化した。水曜の映像でも時計は出さなかったがイイ感じで気合が乗っていたし、この日の動きも脚がよく前に出て素軽い走り。スナップが利いていてピュッと伸びそうなフットワークをしている。昨年に懲りずまた来日する陣営の狙いがわからなくもない動きで、昨年スクーリングに来たと思えば準備は万端(笑)

オウケンブルースリ<85>
助手(坂路) 52.1−38.3−25.3−12.5 末一杯
陣営の話どおり直前は単走追い。坂路では動かない馬なので、いつものように姿勢が高い走りで終いの伸びは物足りないが、3歳時に比べれば推進力は感じさせる。稽古からさらなる急上昇は窺えないが、稽古駆けしないことを考えれば十分合格点だし、この馬にしては荒れた馬場でも時計はマズマズ。力は出せる仕上がり。リーチが引っ張ってくれれば瞬発力勝負は避けられるはず。大きな不利を受けなければ掲示板は堅いと思うけど...

エイシンデピュティ<85>
浜中(坂路) 49.9−37.5−25.7−13.3 一杯
今週の坂路は特に木曜は時計がかからない馬場状態だったようだが、それでも49秒台をマークしたことは、稽古駆けタイプと言えどもそれなりの評価はできる。動きに関してはこの馬らしい力強さはあるものの終い伸び上がるような感じでそんなに強調できないが、これとて全体時計が速かったために最後余力が無くなったと度外視できなくもない。毛ヅヤもピカピカで状態が悪いとは思えず、あとは距離への対応やリーチとの兼ね合い、相手関係。戸崎だから引くかもしれないし、戸崎だからこそ武豊に喧嘩を売るかも。ま、距離を考えれば引くと思うが。

シンテイロ(英)<85>
攻馬手(東京芝) 88.1−75.2−60.2−44.7−14.9 馬なり
軽めだが実際には8F長めから行っている。フットワークに素軽さはあるが、あまり瞬発力がありそうなタイプにも見えない。リーチが引っ張って瞬発力寄りのレースにはならないだろうし、思ったより日本の馬場には合っていそうな印象を受けるが、力関係がどうか。

コンデュイット(英)<85>
攻馬手(白井) 71.3−55.6−40.5−13.3 馬なり
取りざたされているようにかなりキツいローテでの出走になるが、ここで軽めながら時計を出してきた。軽めということもあって動きの迫力は無く、身のこなしにも若干硬さを感じたが、馬体が細い印象は皆無だし、フットワークそのものはスナップが利いて柔らか味があり、なるほど硬い馬場好きという話は納得できる。8割ぐらいのデキがあれば勝ち負けだと思うんだけど、何とも言えないなぁ。欧米で実績を残し日本で種牡馬入りが決まってからの来日で、外国一流馬がコケる典型みたいな雰囲気はあるものの、ピルサドスキーの例もあるしねぇ。木曜に府中の芝を流している映像も見たが、白井の時より体がフックラしてきた印象があったし、フットワークも日本向きの印象。

アサクサキングス<84>
岩田(坂路) 53.1−37.8−24.7−12.5 末一杯
珍しく坂路で最終追い。整備直後と思われるキレイな馬場のど真ん中を通って、終い1Fビシッと追われた。ガッチリ抑えていても行きっぷりが良く活気を感じさせる走りだったが、追われてから蛇行し伸び脚ももうひとつ。先週に比べれば素軽さや動きの迫力は出て上向き気配だが、さてどうかねぇ。

ネヴァブション<84>
助手(坂路) 50.3−37.3−25.0−12.6 末仕掛け
ゴール前で馬のリズムに合わせて軽く手を動かした程度だが、荒れ気味の馬場にしては素軽い動き。先週に続いて長期休養明けでも意外と仕上がっている印象は強いが、ちょっとフワフワして力強さに欠ける面もある。もともと陣営も認める叩き良化型だけに、常識的に叩いて有馬記念。

エアシェイディ<84>
小野寺(C) 80.1−64.7−51.2−38.2−12.7 馬なり
新馬リアルフリーダムを追走し直線で外に併せる。若干口向きの悪さを見せていたが走りに影響ない程度。掻き込みのシッカリしたいつもの走りだが、相手は新馬だっただけに天皇賞を叩いてガラッと良くなったほどでもない。ってか天皇賞で軸にしてたのでここで走られると目もあてられない。

マイネルキッツ<84>
国分優(P) 65.9−52.8−38.7−12.7 馬なり
2歳500万バシレウスを追走し内へ。ジワッとした気合乗りを見せ、直線入り口で内をスクって前に出ると、そのまま先着。Pコースと言うこともあって先週のような重苦しさは無く、スピードに乗ってからは伸びやかさが目立つ動きだった。良化していると思うが、そもそも力関係がどうでしょう。

インティライミ<84>
助手(P) 80.8−65.4−51.7−38.2−11.4 末強め
2歳OPダノンスパシーバの外に併せる。水曜追いということは、この時点では除外対象だったわけで、そういったこともあってかガッチリ抑えて先行していたわりに、相手が仕掛けて残り1Fで追いつかれてからは、逆に相手のほうが手応え楽で結局最後は遅れてしまった。動き自体にそれほど重苦しさは無いのだが、反応が鈍いというかメリハリに欠ける走りで、まだ本調子とは言えないかも。リーチが引っ張って平均ペースの2,3番手から流れ込むってのはこの秋のGTでは穴パターンだが、そこまでの粘りを期待するのは酷か。

ヤマニンキングリー<84>
助手(CW) 80.5−65.7−51.9−38.9−12.5 末一杯
500万オーゴンシャトルの外に併せる。先週はマルカシェンクに遊ばれたが、さすがに格下相手とあって残り1Fで仕掛けると大きく突き放して先着。キビキビしたフットワークで活気のある走りだったが、徐々に頭が高くなったため最後は脚が前に出なくなった。全般の動きはこの馬として悪くないが、相手がさらに強化されるだけにこういったところが直ってこないと勝ち負けに加わるのはしんどそう。

インターパティション<84>
攻馬手(東京ダ) キャンター
軽めの調整でハッキリしたことは言えないが、丸みがあってダート馬かと思うような体型と、掻き込みのシッカリしたパワータイプの印象。道悪は前走が初めての勝利らしいが、バテバテの我慢比べを制したように素軽さが足りないように思う。

コスモバルク<83>
五十嵐(門別ダ) 78.8−64.8−52.8−39.4−13.6 一杯
活気ある走りで行きっぷりが良く、まだまだ動きは若々しい。ただ馬がそれだけ一生懸命走って鞍上も一杯に追っているのに、もどかしいほどスピードが乗らず、推進力に欠ける。中央のトレセンとは馬場の違いもあるんだと思うが、これだけ伸び脚に物足りなさが残ると大きな変わり身は期待薄。


ロジユニ追い切りでイイ動きしてたからイヤな存在だったんだけど回避でひと安心(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよJCですね〜
毎年、ワクワクして、競馬が最も楽しい季節です。

追い切りの採点、非常に参考になります!
まだ調教映像を見ていないのですが、見なくてもいいかなと思えるくらい(笑)

んで、今の時点では「コンデュイットが能力的に一枚も二枚も上」というのが、ボンヤリした結論です。
もちろん「日本でやる競馬は日本の馬が強い」というのも承知しておりますので、結論は先延ばし。

コンデュイット、ウォッカ、スクリーンヒーロー、オーケンブルースリ、レッドディザイア・・・くらいまでの上位拮抗、というのが私の見解になります。
紛れがあるなら、やはり例によって先行勢の粘りこみになるでしょうか。

ウマニティの日記に「JC見解 -有力馬分析-」を書いてみました。
ま、hiroさんのような競馬上級者には、それこそ馬耳東風・・・
もとい(笑) 釈迦に説法でしょうが、お時間が許せばご笑覧くださいませ!
(常識の範囲で、当たり前のことを長々とつづってますが^^;)
優一郎
2009/11/27 05:14
師匠、雨ならどれが良くて、どれがダメ?
はずれっち
2009/11/27 19:08
あきボンさん元気〜?
はずれっち
2009/11/28 10:38
さて今週のオカルトですが、う〜ん浮かばないと悩んでいたらJRAのHPを見てピン!と。テニスの杉山愛選手来場ということで、ベタに牝馬ですか?それとも海外で活躍した日本馬?やっぱりウオッカ固いのか? とりあえず1着コンデュ2着レッド3着外国馬流しの馬券は買おうと思っています。
ながせ
2009/11/28 11:49
>あきボンさん元気〜?

とりあえず、生きてます。(-。-)y-゜゜゜
あきボン
2009/11/28 12:39
>とりあえず、生きてます。(-。-)y-゜゜゜

良かったよ〜、あきボンさん。
はずれっち
2009/11/28 14:27
沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】

「本物なのか!?」――。
1本の盗 撮ビデオをめぐり、AVマニアが騒然となっている。
あの“エリカ様”こと女優・沢尻エリカにウリ二つの女性の入浴シーンが隠し撮りされ、闇市場に出回っているのだ。


http://erikafukki.cocolog-nifty.com/blog/

 実際に映像を見てみると、確かに髪形や雰囲気は沢尻にソックリ。ただ、本物と比べて顔がノッペリしているし、胸も小さいような……。しかし、DVDの途中でこんなテロップが流れる。


http://erikafukki.cocolog-nifty.com/blog/
沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画...
2010/04/28 12:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
JC追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる