競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 皐月賞1週前追い切り。

<<   作成日時 : 2010/04/14 21:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

今さらですが、この後に最終追い切りを見るのでその前に整理しときます。


ネオヴァンドーム<A>
安藤勝(CW) 86.8−68.9−53.4−39.2−12.9 抑え
レディービスティーを追走し内へ。4角のコーナーワークで内から持ったまま出かかると、そのまま鞍上が立ち上がり気味に引っ張ったままでも一杯に追われる相手に先着。時計的に相手が動かなさすぎって気はするが、ジワッとした気合乗りと抜群の集中力、フットワークの素軽さが印象的。

ダイワファルコン<A>
北村宏(W) 81.1−65.8−52.0−39.3−13.3 末仕掛け
シルクエンデバーを追走し内へ。ゴール前で抜け出してから軽く仕掛けていた。シルクが4角あたりから口向きの悪さを見せて内へササリ気味になり、前向きさに欠ける走りで一杯に追われていたのに対し、前でそんな動きをされながらも落ち着いて内へ入り、集中力ある走りで持ったまま抜き去った走りは好感が持てるし、大型馬にしては手先の軽い走りでスピード感があった。再度2000mの距離で前走の1,2着馬を逆転するのはどうかと思うが、この馬自身のデキは良さそう。

エイシンアポロン<B>
池添(坂路) 51.3−36.8−23.7−11.8 一杯
直線へ向いたあたりから少しずつ気合をつけ始め、終いはビシッと追った。口向きの関係か真っ直ぐ走れていないようなところもあるが、動き自体は活気があって力強い。最後は一杯一杯で余力は無かったが、この時計なら合格点は与えられる。この馬にしては少し重心が高い走りだったので、もう少し重心の低さが戻れば態勢は整うと思う。

ヒルノダムール<B>
藤田(坂路) 51.6−37.8−24.7−12.1 末一杯
まずまずの行きっぷりを見せながら残り1Fまでは折り合いに専念し控えめに、終いだけムチを使ってビッシリ追われた。少し頭が高いが素軽さは十分だし仕掛けての反応も素早い。大きくて柔らかいフットワークの走り。

ヴィクトワールピサ<B>
岩田(CW) 68.7−53.3−38.9−12.0 末仕掛け
トーセンキャプテンとトーセンモナーク、いずれも先週出走した古馬2頭の最内に併せる。例によって角居流の抑えめの内容だが、追走して直線へ向きながら、そこから後は終始併せ馬をリードしたのはこの馬。ゴール前でも追われる先輩2頭を軽く仕掛けつつ交わさせなかった。程よい前向きさと柔らかいフットワークで余力も十分。この厩舎なので稽古で特別良くは見せないが、全体の雰囲気が良い。

ガルボ<C>
助手(P) 63.4−49.9−37.6−12.1 末一杯
前を行く併せ馬を目標にして直線シッカリと追われた。そのわりに追いつけなかったが、4角で大きく外を回って意図的に追いかける形をとったものであり、遅れたことはそう心配ない。活気ある走りとは言え、追ってからも重心が前に乗らずもうひとつ鋭さに欠けた印象もあるが、時計的には十分すぎるほどのものが出ている。前走後ビシッと追ったのはこれが初めてみたいだし、1週前としてはマズマズ。

シャイン<C>
和田(坂路) 52.6−38.2−24.6−12.1 末一杯
幅が薄くて馬体的な見劣り感が否めないが、動き自体はガッチリ抑えて終い1F追われると重心が下がってシッカリした走り。もう少し力強さは欲しいが、この馬とすればこんなもんだろう。

ローズキングダム<C>
小牧(P) 78.4−62.5−49.3−36.8−12.1 末一杯
ツルマルスピリットの外に併せる。道中の位置関係がわからんので何とも言えないが、お互い手綱を抑えて直線に向いたのに、残り1Fからの追い比べで見劣り、最後は流している相手に仕掛けての同入。動きはそう悪くないし、これで十分なのかもしれないが、終い12秒台も少し不満で、前走でついたミソを払拭するに至らず。最終追いに注目したい。

ハンソデバンド<C>
助手(坂路) 50.5−36.4−24.0−12.4 末強め
やや馬場の内めを通ったので時計は水準レベル。仕掛けて外へヨレるようなところも見せたが、キビキビした動きで掻き込みのシッカリしたフットワーク。ただ伸び上がり気味の走りや前向きすぎる気性など、少し不安な面も覗かせた。

アリゼオ<C>
助手(W) 80.8−66.0−51.3−37.5−13.9 一杯
ダークシャドウとサトノディライトを追走し最内へ。よく見かける4角まで馬なりで流して直線入り口で内から並んで...ではなく、4角手前から激しく手を動かしてスピードに乗って直線へ向いていた。頭の高い走りで最後は一杯一杯になっての13秒9は印象が悪いが、4角の様子からしてかなり長く脚を使わされていたんだと思う。そう考えるとゴール前の動きも大目に見たいところだが、道中は仕掛け気味だったとは言え馬自身も行く気になっており、前に馬を置いて折り合いは大丈夫か、そもそもそういう馬にこの内容の調教で良いのか不安。直前追い切りの内容と走りっぷりは注意したい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが師匠!
ばっちり合致!
これでネオから心おきなく勝負出来る。
はずれっち
2010/04/15 21:50
喜ぶのはまだ早い。
hiro
2010/04/15 22:54
リルダヴァルの一番枠は烏賊に?
素質は超ゴいス〜だと思ってますが
うっかりかさご
2010/04/15 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
皐月賞1週前追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる