競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚記念&福島TVオープン追い切り。

<<   作成日時 : 2010/06/26 09:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

追い切りを見る前から上位の印は決めてましたが、追い切りでさらに自信を深めました。が、週初めの雨予報が週半ばには好転して喜んでたら、再び悪化...


ジャガーメイル<A>
ウィリアムズ(P) 67.6−51.7−37.1−11.9 末一杯
500万キスアンドクライを追走し内へ。格下相手でこちらにはジョッキーが乗ってのものだが、鋭い伸びを見せて先着。追われて少し内へ顔を向けていた点は気になるが、重箱の隅をつつくような話だろう。堀厩舎と言えば直前は4Fから超軽めで済ませるのが定番で、この馬も去年まではそうだった。それが前走に続いて今回も、輸送を控えながら2週続けてビシッと追えるあたり、いかにデキが良いのかを物語っている。古い話だがデビュー2,3戦目が極悪馬場での好走。○評価をしていたが、天気予報の悪化で◎とは差がなくなった。

スマートギア<A+>
助手(坂路) 52.0−37.7−24.6−12.3 末強め
シャドーロールをしているが頭が低くて掻き込みも鋭く、活気溢れる動き。最後まで集中力も抜群で、余力残しでこの時計ならかなり好評価できる。叩きつつピッタリここに照準が合った仕上げで、デキだけなら最上位クラスに挙げられる。あとは馬場悪化への対応と追い込み一手がハマるかどうか。正直厳しいと思うなぁ。

アーネストリー<B+>
佐藤哲(坂路) 53.7−38.8−25.1−12.5 末強め
佐々木厩舎にしては珍しく坂路での最終追い。もっとも先週CWで好時計をマークしており、今回もキビキビとした前向きな走りで最後までシッカリした脚色だった。ぶっちゃけ軸鉄板だと思ってたが、この追い切りでも何度かノメっていたように、あまり馬場が悪化するようだとかなり不安。パワーを備えた馬で乾いた荒れ馬場なら望むところだが、緩い馬場は割り引きじゃないかなぁ(泣)

フォゲッタブル<B+>
蛯名(P) 76.1−61.3−48.7−36.7−12.7 末仕掛け
OPニルヴァーナを追走し外へ。稽古駆けする馬なのでPコースで終い12秒7はちょっと物足りなさもあるが、軽く仕掛けただけだし最後はスッと伸びたので大丈夫だろう。中間の調整でアレコレ言われた天皇賞でも直前追いで間に合わせたように見えたが、結果からはやはり中身が伴っていなかったと言わざるを得ない。それだけに今回良く見せたからと言って完全復調とまで言えるかは気をつけたいところだが、少なくとも順調に来た点で前走以上の状態にはあるだろう。ただ雄大な馬格に見合った大トビでユッタリした走りができるようになって本格化してきた馬だけに、馬場の悪化や久々の中距離戦の流れに対応できるか。

メイショウベルーガ<B>
松山(CW) 81.3−66.6−52.4−38.8−11.9 末一杯
マズマズの前向きさを見せ、終い1F追われるとシッカリ反応してゴール前では頭を前に突き出して勢いを感じさせる走り。ジョッキー騎乗であることや元来稽古駆けするタイプであることを考慮しても、動きの良さは評価できる。道悪にも対応できる差し馬で予報悪化は大きな味方だが、阪神との相性がイマイチ。その点をどう捉えるかでしょう。

ドリームジャーニー<B>
池添(坂路) 52.3−37.7−24.3−12.4 末一杯
この中間は坂路追い主体。動きはこの馬らしいキビキビしたピッチ走法だが、平地コースと違い坂路では馬を横から見られないのでこれまでとは比較も難しい。ただ一頓挫明けで坂路でしかやれないこと自体が少し不安だし、もともと稽古は良く見せる馬で時計も出る。大きく割り引くほどの内容ではないが、やはり昨年のデキには戻っていないと思う。あと、どうせ3角から外マクリなんだろうけど、18頭立ての18番枠ってのは外すぎない?

ロジユニヴァース<B+>
川島信(CW) 84.6−69.3−54.3−39.6−11.9 馬なり
早めに栗東入り。馬任せの軽いところだが、そのぶん日曜にも乗っており、脚元をケアしつつ仕上がりは進んでいる。この馬にしては硬さもマシ。雄大な馬格と力強いフットワークで稽古は良く見せる馬だが、今回は一時期のスランプ気味の動きよりも格段に良くなっている。それでも本調子にはまだ手前。週半ばの天気予報好転で一旦は消しと考えていたが、成績を見ての通り緩い馬場でこその馬。思った以上に降ったので、馬場回復が遅れれば遅れるほど少し怖い存在となる。

イコピコ<C>
岩田(坂路) 51.2−37.2−24.3−12.2 末一杯
ひと息入っていきなりのGTになるが、先週に続いて今週も重馬場の中で好時計をマーク。頭の高い走りで最後は余力も無かったが、素軽くかつ力強いフットワークで駆けていた。もう少し前向きさが見られれば良かったが、ここへ向けてシッカリ仕上げてきたと思う。地力で勝ちをもぎ取るほどでもないと思うが、得意の阪神でこのぐらいの距離、良い枠も引いて人気が無ければ押さえても。

セイウンワンダー<C+>
福永(P) 83.2−67.0−52.4−38.5−12.5 抑え
中1週とメンバー中で一番詰まったローテになることもあり、最後までガッチリ抑えたまま。それでも馬はひと叩きの効果で素軽さを増し、疲れよりも上積みが期待できそうな動きに映る。ベストよりも1F長い印象がある距離なので評価を下げていたが、天気予報の悪化で少し見直したほうが良いのかも。

ナカヤマフェスタ<C>
助手(坂路) 52.0−37.8−24.9−12.6 末一杯
早めの栗東入厩。輸送が心配だったので、この策には好感が持てる。500万ナカヤマスウェプトとの併せ馬だったが、格下相手とあって力強い動きで追走先着。程よい気合乗りも見せ、良い意味で休み明け快勝の状態をキープ。少し枠は外すぎたが、昨年のダービーで1頭だけ追いこんできたように道悪は苦にしないはず。馬場の悪化で少し浮上してきた。

ブエナビスタ<C>
助手(CW) 83.2−66.9−51.8−37.8−12.0 末強め
OPダイシンプランの内に併せる。直線は手応えで見劣り、相手が控えてくれての同入だが、追走してのもので、この馬自身は頭を下げて前向きな走りをしており割り引くほどでもない。意外と前走の反動は無さそうだと思ったが、ゴール前で少し伸びが鈍ったあたりに少し気になるところもある。馬場悪化にもそれなりに対応すると見ているが、末の伸びで勝負するタイプだけに、良馬場にこしたことはない。この馬が出走するたびに書いている気がするが、これだけ人気する馬なので、買うにしても常に▲△あたりの評価で付き合うのが良いと思う。

ナムラクレセント<C+>
小牧(CW) 64.2−50.5−37.5−12.0 馬なり
単走で頭が高く、伸び上がるような走り。お世辞にも見栄えが良いとは言えないが、この馬のいつもの姿なので問題なし。むしろいつもより折り合いはついたほうで、終い12秒0にそれが表れていると思う。先週にビシッと追って好時計をマークしており、叩きつつ本調子に近づいたと言って良い。

ネヴァブション<C>
小野寺(C) 65.7−50.7−37.4−12.5 馬なり
未勝利リアルフリーダムを追走し外へ。格下相手に最後まで持ったままで同入だが、ジョッキー騎乗とは言え素軽さを見せた。帰国後も順調に乗り込まれており、海外遠征の疲れは感じさせない。もう少し力強さが欲しいが、フットワークはシッカリしており許容範囲としたい。上積みは疑問で力関係も微妙だが、前へ行ける脚質と馬場の悪化は歓迎。ただ緩くてグリップが利かない馬場よりも、荒れて時計がかかる馬場のほうが向くタイプで、雨が早く上がってほしいところ。

トップカミング<C>
浜中(CW) 80.7−65.5−51.2−38.5−12.3 末一杯
500万ウインザモチを追走し外へ。直線へ向いても意図的に相手を先にドンドン行かせて、残り1Fから目一杯に追って交わす内容。相手が並ばれるまで待ってくれたこともあり、並びかけた際に脚色の勢いが違ったぶん先着。全般に重心が高い走りで、追ってからも伸びかけては自分でブレーキをかけるような感じがあり、時計ほどの素軽さは無かった。デキ落ちは無いが上昇度も物足りない。

アクシオン<D>
助手(W) 80.0−64.6−50.9−37.8−13.3 末一杯
500万ショウナンサンガの内に併せる。前向きさを見せ、動きはキビキビして活気を感じさせる。1週前には坂路で好時計をマークしており、その点では叩いた効果でピリッとしてきた印象もあるが、胸前に汗をかいて追ってから少しモタモタ。もともと太く見せる体型だが、まだちょっと重たい気がする。敢えて辛めの評価でCに近いD。

マイネルアンサー<D>
助手(坂路) 54.8−39.9−25.5−12.5 末強め
外へヨレ気味の馬が多かった今週の坂路で真っ直ぐ駆けてきたが、初めから外ラチを頼ってのもの。前向きさを見せて自分から行く気は示していたが、何度か馬場に脚をとられたり、動きに機敏さが欠けたりで、このメンバーに入ると頼りない動きで強調できるところがない。時計がかかるぶん馬場悪化は良いのだろうが、この馬自身が重馬場を味方にできるような走りには見えなかった。

マキハタサイボーグ<D>
助手(P) 82.1−65.8−52.2−39.8−13.2 末仕掛け
坂路で最終追いを行うことが多い馬だが、今回はPコース。さすがに坂路ではモタモタするこの馬も、Pコースでは軽快な動き。ただ終い仕掛けても反応なく淡々と13秒台では、大仕事の期待はできない。

今晩も出かける予定なので予想更新できないかもしれないので、土曜午前としての予想を。

思った以上に雨が降ってしかも回復も遅れ気味なのを考慮して、◎ジャガーメイル○アーネストリー。馬場が早めに回復してくれるなら入れ替え。ブエナは良でも重でも4番手ぐらいの評価で。あとは馬場次第だが、重めの馬場になれば(重馬場じゃなく雨の影響が残っていそうな馬場なら)、ロジユニヴァース、ナカヤマフェスタ、メイショウベルーガあたりが浮上。回復が早ければ(良馬場という意味では無く緩さの残っていない馬場なら)、イコピコ、ドリジャ、ナムラあたりが浮上。



【おまけ】
オースミスパーク<B>
助手(CW) 62.6−49.2−37.1−13.0 一杯
ガツンと引っ掛かっているようには見えなかったが、LAPが示す通り序盤から軽快に飛ばして終いは一杯一杯。それでもバッタリ止まらず我慢したほうだと思う。こういう気性なので久々でも走れるはず。問題は馬場の悪化と同型との兼ね合いでしょう。

アドマイヤオーラ<B>
助手(CW) 83.5−68.0−53.6−39.4−12.3 末一杯
出走枠が空いたのに敢えて福島回り?この厩舎独特の上がり重点の内容だったが、最後まで頭の低さを保って重心が前にかかった走り。順調さを欠く現状だけに使える時は仕上がっての出走と見たいが、体型を考慮してもまだちょっと緩い印象もある。能力でどこまでだが、人気もするだろうから注意したい。

マイネルグラシュー<C>
土谷(W) 69.4−54.1−40.0−13.7 抑え
未勝利オヘソノタカラモノの外に併せる。格下相手に先行したこともあり、直線は引っ張りきりで同入。集中力もあったし折り合いもついていて、数字以上に好感の持てる動きではあったが、何しろ軽めなので余力があって当たり前。過大評価は避けたい。

ニルヴァーナ<C>
助手(P) 76.4−61.6−48.9−36.9−12.7 末強め
OPフォゲッタブルの内に併せる。先行する形だったが、何しろ相手は栗東の調教横綱。終い12秒7はいくらか不満もあるが、こちらもフォゲ同様に終い目一杯には追っていない。この馬もやれば時計は出る馬でPコースなら76秒台も素直に飛びつけないが、この馬なりの状態にはあると思う。ただ近走は1秒以上負けている状態をキープしても...馬場悪化で時計がかかれば浮上余地あり。

ブラックランナー<C>
助手(坂路) 57.0−42.4−28.4−14.3 軽め
追い切りとは言えません。先週に一応時計らしいものは出しているが、少し軽すぎる感。ただし動きに関しては、ガーッと行きたがったりするところもなく、落ち着きの中にもジワッとした気合乗りを感じさせ悪くない。

オペラブラーボ<C>
助手(W) 56.3−41.2−12.1 末一杯
未勝利エーシンアルカウスの内に併せる。頭を下げて行く気を見せた追走から直線追っての同入だが、相手は持ったまま。追ってからもキビキビした活気ある走りだったが、まだ少し重め残りの印象も。叩きつつ新潟の2重賞あたりが狙いじゃないでしょうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroさん、追い切り診断、お疲れ様です!

>↓正直厳しいと思うなぁ。
私の◎スマートギア ・・・Orz Orz Orz
ゆるい馬場&追いこみ一手の戦法が淀の鉄火場で炸裂することを夢見ながら(遠い目で・・・)条件が悪いことは百も承知ですが、好きなあなたのためならば騙されましょう、知らぬふりして・・・ふっ、詩人だなw

hiroさんのブエナ&ドリジャに対する追い切り評価が低いことに小躍りしてしまいました、これが糠喜びに終わらないように星に願いを!憚りながら
うっかりかさご
2010/06/26 11:59
>あきボンさん
獲ったんじゃね?

>うっかりかさごさん
SNSの招待状送りました。
はずれっち
2010/06/27 17:14
宝塚

ふ〜焼け石に水です。
あきボン
2010/06/27 18:36
おめでとうございます、あきボンさん!
今度牛丼奢ってw
はずれっち
2010/06/27 19:19
>あきボンさん
おめでとうございます
朝顔にも水をお願いしますね!笑)

>はずれっちさん
SNSの招待状いただきました
・・・いまいち要領が掴めません暫しご猶予を・・・・Orz
がっかりかさご
2010/06/27 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝塚記念&福島TVオープン追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる