競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ローズS追い切り。

<<   作成日時 : 2010/09/18 16:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

さすがに牝馬のトライアル戦とあって、直前にビシバシ追ってきた陣営はおらず、映像のあった馬は全て単走追い。ただ、ここへ臨む立場の違いがあって時計の出し方が異なるのが面白い。


アパパネ<88>
助手(坂路) エラー−エラー−23.7−12.0 末強め
稽古はメチャクチャ良く見せる馬だと言うことを考慮しても、暗がりの中でゴムまりのような弾んだ動きで集中力や鋭さを感じさせる。一番良く見えた阪神JF当時と比べても何ら遜色なし。仕上がりに関してはケチをつけられない。チューリップ賞を取りこぼしたように休み明けだと精神面の心配はあるが、春よりも落ち着いているようにも見えた。だからって前哨戦のココでこの馬を◎にしますか?

ワイルドラズベリー<87>
助手(CW) 78.4−63.4−49.5−36.4−12.3 末一杯
相変わらず気が勝っているのか自分からグイグイ行くところを見せる。さすがに終い追ってもうひと伸びする余裕は無く、重心が浮きかけてスピードは鈍ったが、最後までキビキビしたピッチ走法を維持しておりモタレたりするところも無かった。稽古駆けタイプにしても時計は評価できる。決め手はGT級なので、あとはいかに折り合って末脚を残せるかの一言。気性的に休み明けも問題ないはずで、折り合って脚が溜まれば爆発力で金星も。

トゥニーポート<87>
和田(CW) 97.5−79.8−65.0−51.1−38.2−12.1 末仕掛け
長めから行ったので最後は惰性でなだれ込むような内容だが、決してスピードが鈍ったり重心が浮いたりするところは無く、むしろ最後まで柔らかいフットワークや重心の低さを維持しており、余力すら残っていたのかもしれない。夏場使われてのこの動きなら順調さでひと泡吹かせるかも。

アグネスワルツ<87>
助手(坂路) 53.1−38.6−24.7−12.4 末強め
フットワークは決して小さくないのに回転の速さが目立つし、掻き込みの鋭さも3歳牝馬とは思えないほど。少し重心が不安定なところはあったが、馬場や前述のフットワークを考えると心配な材料でもない。先週自己ベストをマークした後の今週だけに、これだけ動けば言うことなし。あまりに活気があるので当日テンションが上がらなければ。

オウケンサクラ<86>
内田博(坂路) 54.8−39.0−25.5−12.6 馬なり
抑えていたこともあり頭が高くて伸び上がり気味。この動きだけを言えばあまり感心しないものだが、精神的に破たんを来して行きたがっていたわけではないし、先週好時計をマークしており直前はこんなもので十分。100点ではないが前哨戦で無難な競馬をするには問題ない仕上がり。

エーシンリターンズ<86>
福永(CW) 81.0−65.8−51.8−38.4−12.3 馬なり
重心がフワフワしているし、フットワークのリズムも少し乱れがち。ちょっと頼りない動きだが腰の甘いのは以前からで、そんな状態でも春は好走してきた。もう少しパンとして欲しいものの現状としての仕上がりは及第点。中間も好時計を連発し、質量ともに調整は十分。

レディアルバローザ<85>
助手(P) 82.0−65.4−50.6−36.6−11.9 末一杯
春先は動きに硬さがあって距離延長を危惧していただけに、長めから追われた点には好感が持てる。動きも春に比べればいくらか柔らかみが出て、手先の運びがスムーズ。それでもまだまだ力強さに欠け、手先だけで走っているようなところは残っている。馬体もひと回り大きくなったような印象はあるが、芯が通ってシッカリしてきたとも言い難い。

アニメイトバイオ<85>
後藤(CW) 97.7−81.4−66.4−52.4−39.0−12.8 馬なり
ジョッキー騎乗で馬なりのところをサラッと。活気十分の走りと言えるが、少しテンションが高そうで頭の位置や重心が不安定。ただもともとそんなところがある馬なので、特に割引になる内容では無い。強いて言えば、こういう気性だからか量は足りていてもビシッと追っていない点や、馬体の成長が感じられない点がどうか。トライアルホースって気もするのでバッサリってわけにもいかないが。

ニチドウルチル<85>
助手(坂路) 53.5−38.7−24.6−12.4 末強め
ラチ沿いをキビキビした走り。重心が高くフットワークが小さいため動きの伸びやかさは不満だが、ゴール前100mぐらいのところのぬかるんだ場所で脚を取られてから馬が用心していたようなところも影響していると思う。活気があってこの馬なりに順調だと思うが、春の勢力を逆転するような雰囲気は皆無。

ラガーリンリン<84>
松山(坂路) 54.9−41.0−26.7−12.3 末一杯
先週CWでビシッと追って好時計。今週は上がり1Fだけ追われた。追っての反応は悪くなかったが、上がり重点だけにもう少し鋭さが欲しかったし、休み明けにしては追い不足の印象も。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>hiroさん
お疲れ様です!
アパパネは秋華賞→エリザベス女王杯が既定路線だとすると、ここはつけ入る隙が・・・そこで浮上するのが祐一騎乗のエーシンリターンズかなと思っていましたが、いまいち自信が無くなってきました!
TR限定の一発屋候補を知りたいです!
うっかりかさご
2010/09/18 18:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローズS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる