競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 府中牝馬S追い切り。

<<   作成日時 : 2012/10/12 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週は書く気あったんだけど時間的に間に合いませんでした。


ゴールデングローブ<87>
助手(P) 66.9−51.5−37.4−11.3 末一杯
Pコースの上がり重点なのでゴール前の動きだけでは評価できないが、それにしても仕掛けてから弾けて鋭い伸び脚だった。良く見ると頭が高くてフットワークも伸びきった走りなのだが、そんなことを感じさせないぐらいの勢いと活気。先週も上がり10秒9という切れを見せており、上がり馬としての魅力いっぱい。中京で大敗しているが阪神でも勝っており、坂もこなせると見たい。

ドナウブルー<87>
荻野要(坂路) 57.3−42.2−27.4−13.2 馬なり
テンションの高さが出世を妨げていた馬だが、今春からは長距離輸送でも体が減らなくなり、追い切りでもムキになる面が解消されてきた。今回も控えめな内容だったが、馬は程よい感じの気合乗りで活気の現れと受け取れる程度だし、ゴール前で軽くGoサインを出すと瞬時に反応してビュッと伸びかけていた。もちろん馬体とテンションには当日注意だが、春同様の状態なら1F延長でも好勝負可能。

マイネイサベル<87>
松岡(W) 84.5−69.4−54.3−39.7−12.5 末強め
いつものように単走で活気あふれる動き。今回も稽古に関しては何の問題もない。前走がだらしない結果だが、今回は脚を溜める競馬をするらしい。でもそんなに決め手があるわけじゃないし、結局チョイ足りず掲示板の下のほうまでか。

ホエールキャプチャ<86>
助手(坂路) 50.5−36.7−24.0−12.0 末仕掛け
1000万ルシャンベルタンの内に併せる。稽古駆けする馬にしては地味な内容だったが、ON/OFFのメリハリが利いてフットワークも力強く、普段通りの仕上がりにある。戦績的には最上位だが、決して抜けた存在とも思えないだけに、56kgと大外枠なら他とも差がないと見るべきだろう。

アプリコットフィズ<86>
助手(P) 63.6−49.1−36.3−12.1 馬なり
気が勝ったタイプで稽古は毎回好時計。今回も馬なりで流しながらも前向きさ全開で軽快な走りだった。動きが硬いことはいつもと同じで心配なし。秋しか走らないようなタイプなので休み明けでも一発あっておかしくないが、いかに自分自身をコントロールしてレースできるかだろう。

エリンコート<86↑>
助手(P) 65.1−50.1−37.0−11.6 馬なり
抑え気味に流してゴール前で既に止めに入るような内容だったにしては時計もマズマズ。それだけ馬に前向きさや集中力があったということで、この動きならもう少しやれて良いと思うのだが、オークスまでとそれ以降が別の馬。いきなり走るキャラではないが、ここ1〜2走で復活の兆しがないようなら、もう終わったと認定します。

メーヴェ<86>
助手(P) 68.7−53.0−39.7−12.3 馬なり
1000万ヤマニンリップルを追走し内へ。控えていたことで直線へ向くまでは少し重心の高い走りだったが、加速するに連れ徐々に重心が下がって上々の伸び。特に素晴らしいというほどではないが、好調キープは間違いないし、地力強化も窺わせる動きと言える。

エーシンリターンズ<86>
キャンター
月曜に追い切りを済ませており追い日は軽め。体をフックラ見せて集中力もある。少し捌きが硬いが以前からのことで気にしなくて良いだろう。ムラ駆けだが今回は走る番だし、内枠で北村宏、スンナリ先行して自分の競馬ができれば一変も。

オールザットジャズ<86>
助手(坂路) 59.5−42.9−27.5−13.0 抑え
追い切りは月曜に済ませて直前は軽め。弾むような動きで自分からグイグイ行こうとする活気十分な走りで、輸送や気性を考えるとこの調整方法がプラスと出る可能性もある。嵌ればまとめて面倒見る決め手は魅力だが、ヤネがなぁ。この人、年を重ねるごとに下手になってないか?

レインボーダリア<85>
柴田善(W) 80.9−65.4−51.4−38.2−13.1 末一杯
500万エルヘイローを追走し内へ。1秒追走したことでゴールでの着差は僅かだったが、道中も脚を高く上げて大きなフットワークを見せて活気十分。舌は越していたが追ってからも集中力があって切れるというより渋太い伸び脚。少し体が立派に映り休み明けの割引は必要だろうが、動きはそんなに悪くない。昨年の女王杯で◎にして以降、良くも悪くも常に期待を裏切られ続けている相性の悪い馬ですわ。外枠の今回は終始外々を回らされて、直線ジリジリ伸びてきたけど5着...あたりが精一杯と見ますがさていかに。

マルセリーナ<85>
助手(CW) 89.6−72.4−56.7−42.0−12.7 馬なり
長めを順調に乗られて直前は馬なりで流す。時計は参考外なのだが、動きはこの馬らしい弾力があった。ただ体が少し立派に見える。輸送減りを考慮した造りだろうが、ちょっと丸すぎる気はしたなぁ。

スマートシルエット<85>
助手(坂路) 57.4−42.4−27.4−13.8 馬なり
500万スナイプビッドと併せる。ゴールまでガッチリ手綱を抑えた内容で時計は参考外。先週ビシッと追って格下に遅れているが、相手が好調馬であることや時計は水準だったことを考えると十分だろう。今週の動きも活気があって軽快だった。この馬の場合はとにかく展開。

アニメイトバイオ<85>
丸山(P) 70.3−55.2−41.0−12.1 馬なり
新馬サクセスカサノヴァと1600万ハッピーパレードの内に併せる。ゴール前でも抑え気味だったので、時計の遅さや格下相手に同入というのは気にしなくて良い。先週5F60秒という速い時計をマークしており、仕上がりに関しては問題ないんだと思う。ただ抑えていたにしても口向きが悪くて集中していないようなところも見られたし、不振続きから激変するかは疑問。近走もそんなに大負けしてないのだが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
府中牝馬S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる