競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS またまた京成杯追い切り

<<   作成日時 : 2013/01/20 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週も出走意思のあった馬にとっては、正月の変則調整を乗り切って競馬場まで輸送しての順延。キャンターで軽めの調整となっても仕方なく、むしろ今週もシッカリ追い切ったことが即プラスとは言えないのかも。


ワールドレーヴ<87>
助手(W) 53.3−39.0−13.1 末強め
500万クールエレガンスの外に併せる。並んで直線へ向き、先に相手が仕掛けて前に出ようとしたが、こちらも仕掛けるとグッと頭が下がってジリジリながら力強い伸び脚。手応えで上回っての同入だった。稽古駆けするらしいが、重心が低く、フットワークにマズマズの伸びやかさもあって芝がダメとも思えない。正直言ってここまでのダート3戦はレベルが低く能力的にどうかとは思うが、実は芝向きだったりしたら怖い。わざわざルメールを乗っけてくるのも理由があると思うんだけど。

ワンダーロード<87>
吉田隼(坂路) 51.0−36.9−24.5−12.5 末仕掛け
未勝利イノチノリユウとグラスソニックを追走し外へ。1秒以上追いかけたそうだが、直線では少し馬体を離した外ラチ沿いを持ったまま力強く抜け出した。初戦がダートを先行しての勝利だけに芝のここで揉まれるとどうかの愚案はあるが、脚力はかなりありそう。

クロスボウ<86>
吉田豊(坂路) キャンター
内ラチ沿いでキャンター調整。この後、金曜日に古馬を相手に追走先着したそうだ。先週も同じ相手との併せ馬で持ったまま追走先着とキレのある動きを見せて重たい印を打っていたが、その評価に変わりなし。もちろん超スローの新馬戦を勝っただけなので、揉まれて惨敗も仕方なしである。

ホワイトフリート<86>
調教師(坂路) 53.6−39.4−26.1−12.9 馬なり
馬任せに流してゴール前でちょっとだけ気合をつける程度。先週併せ馬でビシッと追ってあり、軽めで全く問題ないし、弾むような活気ある動きでカラ輸送の影響もなさそう。ただし掻き込みはシッカリしているものの、伸びやかさに欠ける動きで、芝向きかと言われるとやはり疑問。

フェイムゲーム<86>
助手(坂路) 53.4−39.1−25.8−12.7 馬なり
1000万ディアフォルティスを追走し内へ。引っ張り気味の追走だったが馬の前向きさは十分で、残り1F辺りでGoサインを出すとキビキビしたフットワークで並びかけ、最後は僅かに前に出た。まだギアが入るとフラつくようなところがあり成長途上だが、コースで長め追った先週に続いて上々の動きをマーク。

ノウレッジ<86>
助手(W) 68.0−51.5−37.8−12.8 強め
鞍上の手は動いていたが、サッと流した程度の内容。トビが大きいと言うか、何となく鋭さに欠けるようなフットワークだが、逆にそれだけ柔らかみ十分で力強いとも言える。時計も優秀で先週の好状態をキープしていると見て良いだろう。距離に不安はあるが、ここ2週の追い切りの走りからは対応可能と思う。あとは決め手が活かせる流れになるかどうか。

フラムドグロワール<85>
助手(坂路) キャンター
活気あるところを見せており、順延による影響はないと思う。むしろ先週よりも素軽さは増した感。この後も追い切りはしていないが、この姿なら問題ないだろう。ただ先週指摘した通り、中山適性に若干不安があるのと、ノリさんがもうひとつ乗れていないのが。

アポロソニック<85>
勝浦(W) 71.8−56.2−41.7−13.3 馬なり
500万シベリアンファクトを追走し内へ。先週一杯に追ってあり、今回はソロッと流した程度。この馬は先週は行っていないはずで、この調整内容がよくわからんが、動きは水準レベルにある。ただ芝で好走するタイプにも思えなかったが。


AJCの裁定にモヤモヤ感があるのは私だけでしょうか。審議結果はまぁ仕方ないのかなとも思うが、あれだけの事態なのに申し出があるまで審議にならなかったことに、この先への不信感が募る。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
またまた京成杯追い切り 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる