競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS AJCC追い切り。

<<   作成日時 : 2013/01/18 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ただでさえ3日間競馬の翌週で追い切りは木曜に集中。事前準備の時間無いなぁと思ってたら、予期せぬ4重賞となってしまい、もう大忙しですわ。しかも先週からいくらか馬場が良くなって時計が参考になり始めてた栗東坂路が、木曜には再び極悪化。ゴール前は時計の印象以上にバタバタになっている馬ばかりでした。なお、時間の関係で京成杯の追い切り更新は日曜のレース終了後とさせて頂きます。

トランスワープ<89>
大野(W) 67.6−52.3−38.2−12.5 馬なり
直線で1度だけ口向きの悪いところを見せたが、たいしたことはない。それよりも、相変わらず弾むような軽快な動きで前向きさも目立つ。稽古駆けするタイプだが、今回もホレボレするような素晴らしい動き。前走時に比べてもトモの運びに力強さが出て推進力が増した印象。

ルルーシュ<86↑>
マクドノー(W) 67.7−52.0−38.5−12.6 末一杯
ジャングルクルーズとレッドフォルツァを追走し内へ。どのぐらい追走したのかわからないが、結構前向きさを見せて追いかけて、直線で一旦は並びかけそうな勢いにはなったものの、外の2頭が仕掛けて結局追いつけず。ただ走りは最後まで活気がありフットワークが大きくて推進力を感じさせた。前走の有馬記念時が軽めの内容とは言え若干前向きさに物足りない面があったので、上積みはあると思う。中山適性にちょっと疑問があるのと、ヤネがどうか。

ダノンバラード<86>
助手(CW) 85.2−68.4−52.8−39.1−12.1 末一杯
1600万マナクーラと500万ブードゥーロアを追走し内へ。持ったまま残り1Fで並びかけると、抜け出したところで仕掛けて貫禄の先着。坂路ほどではないがCWコースでもトモの蹴りに力強さが足りない面は目立つ。それでもいつもこんな感じなのでデキ云々とは関係ない。集中していたし能力は発揮できるだろう。

マルカボルト<85>
助手(CW) 85.2−68.2−52.9−39.2−12.2 馬なり
直線半ばでムチは抜いたが、結局使わず馬なりで流す。そのぐらい馬の行きっぷりが良く、最後まで前向きで集中した走り。ややフットワークがバタバタしているだけで力強さに欠けるような印象もあったが、重心が安定して滑らかな走りだったので好調だと思う。

ネコパンチ<85>
江田照(P) 65.3−49.9−36.8−12.3 馬なり
馬なりでサッと流す。ずっと舌を出していたのは気になるが、Pコースだけあって走りは軽快。脚も良く動いてマズマズの仕上がりかと思うが、体はちょっと余裕ありそう。このひと追いで絞れれば。

ゲシュタルト<85>
助手(P) 64.3−50.3−36.7−11.5 末一杯
いつもPコースで好時計をマークする馬。今回も時計は上々で走りにスピード感もあったが、終い一杯に追われていた点がやや不満。行きっぷり良く集中力もあったので大きな割引ではないが、好調な時は馬なりでこのぐらいの走りはできていたような気はする。休み明けで若干割引かなぁと思うが、3週にわたってPコースで乗られており、調教量は足りている。

マカニビスティー<85>
助手(坂路) 54.7−40.1−26.3−13.5 一杯
OPタイセイレジェンドと併せる。追い比べでわずかに遅れたが、走りにくい馬場を考慮すれば及第点は与えられる動き。終いも数字ほどモタモタした印象なくスピードを持続できていた。前走は大敗したが、デキ落ちではないと思う。ただ3000m走って中1週がどう出るか。

シンゲン<85>
助手(CW) 82.5−66.8−52.4−39.2−13.6 末仕掛け
外ラチ沿いを単走で、直線半ばから軽く仕掛けた程度。気の勝ったタイプらしい行きっぷりで、キビキビしたフットワークとスピード感は良かったが、肩のあたりが白くなるほど汗をかいていた。イレ込む気性や今回の良すぎる行きっぷりなどから、テンションの高さが心配ではある。

アドマイヤラクティ<85>
助手(坂路) 56.5−40.1−25.6−12.7 末一杯
残り1Fまで馬任せに流し、終いはシッカリ追われる。追ってからの鋭さはひと息だったが、馬場を考えれば仕方なし。特に良くなった印象は無いが、好調を持続と見て良いだろう。重賞級の能力はあると思うが、何しろ勝負処でモタつく悪癖があり、外回りとは言え中山コースがどうか。

サトノアポロ<85>
蛯名(W) 85.9−69.6−54.4−40.4−13.4 末強め
OPサイレントメロディを追走し内へ。相手が余力タップリに先行するところへ、こちらもゆっくり差を詰めて直線へ向く。すぐに鞍上がGoサインを出すと反応良くギアチェンジし一瞬伸びかかったが、そこで相手が仕掛けたこととこちらもそれほど強く追わなかったこともあり、ゴール前では若干勢いで見劣りながらの同入。ただまだ余力もあったし、時計ほどモタモタした印象はない。

サンテミリオン<85>
北村宏(W) 68.0−53.3−39.6−13.7 末仕掛け
未勝利ロジヒットと1000万コウヨウレジェンドの間で3頭併せ。ほとんどコウヨウレジェンドの陰に隠れて見えなかったが、最近の稽古では復調気配を示している通り、今回も時計は遅いが動きに活気はある。ただレースでサッパリだけに今さら買えない。とか言って前走でも買ってたんだけど。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度のことですが、ゲシュタルト◎w
ご存知の通り、調教内容がレースで直結するタイプの馬。今回は買いだと思います。中山の非根幹距離は絶好の舞台。
相手はアドマイヤ、トランス、ダノンと踏んでいますが、上位拮抗で大荒れの可能性は薄そう。
優一郎
2013/01/20 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
AJCC追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる