競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎日杯追い切り。

<<   作成日時 : 2013/03/22 21:50   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

キズナを下げたいんだけど、他に納得できる馬がいなくて。


サトノキングリー<87>
池添(CW) 68.2−52.7−38.7−11.6 末仕掛け
1600万ロードアリエスを追走し内へ。キビキビと活気ある走りで、直線半ばからはグンと加速し抜け出してきた。ゴール前では少し脚色は鈍ったが、それでも重心の低さを保って最後まで前向きさを維持できていた。もともと稽古駆けらしいので過大評価は禁物だが、落ち着いてレースができれば上位争いできそうに思う。

アドマイヤツヨシ<86>
助手(CW) 83.6−68.2−54.0−40.2−11.5 末一杯
OPトリップと3歳500万ライジングゴールドの間で3頭併せ。並んで直線へ向き、直線半ばからは外のライジングゴールドに煽られ気味ながらも、一杯に追われて渋太く食い下がった。11秒5という数字ほどの鋭さは全くなかったが、途中で重心が浮きかけても最後はまた頭を下げて踏ん張っていた点は評価できる。勝ち切る決め手に欠ける反面、自身の能力は常に発揮できそうな印象。

キズナ<86>
助手(CW) 80.8−65.9−52.1−38.6−12.0 末一杯
3歳OPアップトゥデイトを追走し外へ。直線向いても追いかける形だったし、1秒ぐらい後ろから行ったそうなので遅れは心配なしとしよう。柔らかいフットワークで首を上手に使った走りは悪くない。ただ本当に強い馬ならあそこからもうひと伸びグイッとできるはずで、そのあたりが不満と言えば不満。今回は助走期間がタップリある阪神外回りなので克服できそうだが、基本的に坂のあるコースよりは平坦向きなので、またゴール前で甘さを見せる可能性もある。それでもここで2着できないようでは先が思いやられるが。

ラブリーデイ<85>
バルジュー(CW) 84.2−67.5−51.8−37.9−12.0 末一杯
OPオーシャンブルーとダノンバラードの間で3頭併せ。遅れたのは相手が相手なので気にしなくて良いが、直線半ばからシッカリ追われて一生懸命走ったのに、内外から前に出られての遅れが馬の精神状態に影響しないかのほうが心配。まぁこんなことを繰り返すながら強くなっていくんだと思うが、ゴール前まで馬も前向きに食らいつこうとしていたのに、外のダノンバラードが仕掛けてグンと加速した後は、頭を上げて突っ張ったような走りになっていた。一生懸命走ったのに叶わない相手がいることを思い知らされ精神面に影響は...ないわな。

ピュアソルジャー<85>
助手(美坂) 55.5−36.7−23.9−12.0 馬なり
500万トーセンカルツェと併せる。映像が残り1Fだけだったので何とも言えないが、相手が一杯に叩かれているのに合わせるように同入。いくらか気合をつけられていたが、ほぼ馬なりだった。先行先着であまり評価はできないが、前向きなところも見せていたし特に悪くは無い。ズバッと差し切るほどの決め手は無いが、渋太くそれなりの上がりは使えるので、レースの流れに乗って競馬ができれば。

バッドボーイ<85>
川田(CW) 80.6−65.3−51.2−38.2−12.0 末強め
相変わらず頭の高さが目立ち、どうしても鋭さに欠ける印象は否めないが、現状はこういう走りで結果も出しているし、頭の高さのわりに重心はそれほど浮かずフットワークが力強いのでこれでよいんだろう。良くなった印象はしないが、下降しているわけでもない。平坦のほうが良さそうだが、中山の2000mよりは直線が長くて坂があっても阪神1800mのほうが向いていると思う。展開利も見込まれ、渋太さが活きるシーンがあってもよい。

コメットシーカー<85>
岩田(栗坂) 55.5−40.4−26.8−13.7 末一杯
馬場の真ん中を単走で終い1Fはビシッと追われる。首を使って弾むような動きは素質を感じさせるが、馬場が悪かったこともあって鋭さは見られなかった。正直言って今週の動きは案外の印象は否めないが、先週が先行したとは言えエイシンフラッシュに先着。稽古駆けする相手が一杯に追われてのものらしいので評価できる。キャリア1戦で過剰人気必至だけに気は進まないが、この程度の相手なら勝負になっておかしくない。落ち着いた頭数で流れも緩くなりそうだけに、初戦のように先行して折り合い脚を溜めればアッサリまで。

テイエムイナズマ<85>
助手(栗坂) 57.9−41.1−26.7−13.7 強め
大トビなので仕方ない面はあるが、上がり重点にしては終いも平凡。力強い掻き込みで弾むような動きだし、体全体を良く使えているが、舌を越して何度も伸び上がり気味にもなっていた。力強さを素直に評価するか伸びあぐねた面を割り引くか難しい。重賞を勝っているように脚力そのものはあるのだが、ゲートや気性面でアテにならなさすぎ。今回は最内枠なので前に壁を作って脚を溜め、直線で集中力を見せれば一変もありそうだが、一発タイプで買いにくい。

オメガキングティー<85>
助手(W) 67.9−52.7−38.9−13.6 末仕掛け
未勝利アルピナブルーとザマジックの内に併せる。ゴールでは遅れているがもともと稽古は動かないそうだし、1秒以上追走し最後も抑えたままだったのでそれ自体は問題ない。ただ抑えていたにしても頭が高くてフワフワした走りだったし、直線は口向きの悪さを見せて内へササリ気味だった。初めて見るので何とも言えないが、気性に課題がありそうな印象。中山マイルで外差し連勝だが、阪神外回り向きの決め手があるとも思えない。

タイセイウインディ<84>
助手(栗坂) 56.0−41.0−27.5−14.5 一杯
1000万ミッキーオーラと併せる。流している時は普通の走りだったが、残り1Fで追い出してからは頭を上げて伸びを欠く。フットワークも小さいし、ゴール前では完全にバテバテ。時計が出やすかった先週はマズマズの時計をマークしており、今週の馬場が合わなかった可能性も高いが、あまり芝向きの素軽さがあるとも言い難い。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎日杯追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる