競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フラワーC追い切り。

<<   作成日時 : 2013/03/15 19:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今週の栗東坂路はどうしたん?というぐらい普通の馬場に変わってました。



エバーブロッサム<88>
戸崎(W) 52.9−37.9−12.9 末仕掛け
1000万レイカーラの内に併せる。堀厩舎らしく4F追いだが、かなりスピードに乗って4角を回り、直線も頭の低い集中した走りで古馬を圧倒。脚もよく動いているし力強さが感じられる。ひと息入ったわりに速い時計が少ない点が不満だが、この厩舎なので仕方ないか。動きは抜群で太め感もなく、力は出せそう。ここをアッサリ通過するようならかなりの大物かも。ただしディープ産駒にしてはいくらか瞬発力に欠けそうな気もする。

カラフルブラッサム<87>
助手(栗坂) 54.8−39.7−25.6−12.7 馬なり
未勝利セトノプロミスと併せる。スピードに乗った残り1Fあたりから少し内へ行くようなところもあったが、自分で矯正して最後は先着。鞍上が仕掛けなくてもギアチェンジしたし、フットワークが素軽く動きに活気もある。高いレベルで安定と見たい。

ハーモニーフェア<87>
助手(W) 68.5−54.1−40.1−13.6 馬なり
1600万サクラインスカイと3歳500万ヤンキーソヴリンの間で3頭併せ。ゴール前で少し促した程度なので時計は平凡だが、余力十分に力強く集中した走りを見せ、数字以上にスピード感もあった。強いて言えばアゴが上がり気味の頭が高い点が不満だが、重心がフワッとするところは無いので大丈夫だろう。デキは良い。

サクラプレジール<86>
助手(美坂) 50.9−36.3−23.8−11.9 末強め
500万ヴェルデバンダムの内に併せる。1秒以上追走し、先に一杯に追われている古馬に直線半ばで並びかけ、最後は強めに追って先着。重心が高いし仕掛けてフラつくところも見せるなど、まだ力強さがなくて子供っぽい面も見せている。古馬相手に追走先着は評価できるが、1戦1勝馬だけに全幅の信頼を置くのは危険。

タプローム<85>
助手(美坂) 51.6−37.5−24.3−11.9 末仕掛け
伸び上がるような感じで重心の高さは気になるが、余力残しで外めを回って水準以上の時計。正直言ってピリッとした脚には欠けそうな印象だが、重賞で続けて健闘した実績通りには走れそう。

ダイワポライト<85>
助手(美坂) 52.3−37.5−24.5−12.0 馬なり
単走で最後まで馬なりで流す。映像でも砂埃が舞っていたが、向かい風がかなり強い中での追い切りだったそうで、直線半ばでは大きく内にヨレたし、終始舌を越して顔を外に向け、走りにくそうにしていた。そんな中でも最後まで一応真面目に走れていたし、デキは良い意味で平行線ぐらい。小柄な馬なので風の影響が心配なのと、体が減っていないかのチェックは必要。

アルファアリア<85>
梶(W) 82.4−66.7−51.6−39.2−13.3 末強め
新馬ビビットオレンジの外に併せる。掻き込みは力強いのだが、頭が高くフワフワした走りのため、直線半ばでは一旦離されかける。そこからジワジワと伸びて一応先着だが相手は新馬。それほど褒められたものではない。ただ中1週でも馬は元気一杯だし、動きの伸びやかさという点ではむしろ評価できる。相手関係からここでは厳しそうだが、この馬で久々の勝利を挙げた梶くんは応援したい。

リラコサージュ<85>
川田(CW) 82.0−66.2−52.0−38.4−12.3 末一杯
1600万ロードアリエスの内に併せる。先に仕掛けて抜け出したこともあり大きく先着した。途中ちょっと頭が高くなって重心が浮きかけたところもあったが、概ねよく辛抱して重心の低さが保てていた。仕掛けての反応も良く、フットワークも若干柔らかさには物足りない面があるものの、他のダート馬よりは芝適性もありそう。

レッドマニッシュ<85>
内田博(W) 82.7−66.6−52.0−38.5−13.5 末一杯
1600万ウインマリアベールを追走し内へ。鞍上が抑えて流している相手に、一杯に叩いて何とか食らいつく。最初に見た時には反応も鈍いし伸びもイマイチかなぁと思ったが、2秒近く追走したそうなので致し方なし。それでもまだちょっと太そうに見えたが、中2週でもハードに追ったことでシャキッとしてくれば。

トーセンレディ<85>
助手(美坂) 53.3−38.3−25.2−12.3 末一杯
500万フェニーチェの外に併せる。これも強烈な向かい風の中での追い切りなので、多少その点を考慮する必要はあるが、ユッタリ行って上がり重点にしては一杯に追われても伸びはひと息。先着したものの相手は馬なりだった。この馬らしいアゴを引いて自分からハミを取り、集中した走りを見せていたので及第点とする。

エクスパーシヴ<85>
助手(栗坂) 53.1−39.3−25.7−13.1 末強め
中1週で長距離輸送になるが、終いはシッカリ伸ばされた。キビキビしたピッチ走法で馬に活気はあるが、もうひとつ終いの伸び脚が無かった。ここ2戦は出遅れており、スムーズに出ての巻き返しは期待できるが、動きはあまりパッとしない。

ロゼラニ<85>
高倉(CW) 83.4−67.5−52.6−39.0−12.6 末仕掛け
ゴール前で少し促しただけで、サラッと流した範疇の内容。馬体のバランスのわりに脚が良く伸びている印象はあるが、それでも全般に重心が高くて柔らかさに欠ける印象。芝がダメではないだろうが、やはりダートのほうが向いていると思う。

ブリリアントアスク<85>
助手(美坂) 52.5−38.6−25.7−12.9 馬なり
未勝利ジュルヴォアソングの内に併せる。軽快なフットワークで余力残しのまま同入。動きとしては悪くないが、直線はかなり内へ行きたがるのを矯正しているように見えた。前走は展開ハマってあと一歩のところまで飛んできたが、使い込んでおり上がり目に乏しい。

ハヤブサユウサン<84>
助手(栗坂) 52.4−38.5−25.8−13.4 末一杯
行きっぷり良く走りは軽快なのだが、地面をなでるような感じで掻き込みの力強さに欠け、そのために最近で時計が出やすい日だったにしては平凡な上がり。攻め駆けしないそうだが、それを踏まえてもここでは見劣る動き。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フラワーC追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる